人気ブログランキング |
長かったようで、短かった1日in日野(トークショー編/その2)
昨日書いたのみたら、あまりにのグダグダっぷりに、ビックリしたんですが、
今日もまたグダグダと書いていきたいと思います。

香取クンの話で思い出したことを。
テレビで、“男は誉められると伸びる”というような話を見たという話の流れから、
自分は打たれ弱いという話になり、打たれ弱いから、自信を持って演じたのに
「こうやって」と言われてしまうと、思わず「なんで?」と言ってしまう。
抵抗しているようでも、実は、打たれ弱い・・という話を聞いたところまでは、良かったのに
急に、
香取クンみたいな人がいて、世界が成り立っているんですって。

え!?

この流れ、すぐに理解できた人はいたんだろうか(笑)

これって、前に言ってた、自分はすぐに怒ってしまうけど、香取クンはそれを受け入れるってトコから来てるんですよね。

なんでも、慎吾に結びついてしまう、思考回路が素敵です(笑)



新選組関連の話は、なかなか興味深かったです。

新選組に共感するか?という質問に対してはほぼ日の連載
同内容の返答をしていましたね。
一応知っている話とは言っても、直に聞けるっていうのは、やっぱり嬉しいものです。
最後に、「でも、憧れはあります!」って言ったのは、フォローも入ってるかな?と思ったんですが、どーでしょ(笑)

もしも、幕末に行ったら、新選組に入るか?という質問に対しては、
撮影中に、よくそういう話もして、カメラマンさんに「新選組にいそう」と言われたとのこと。
山村さんは、副長に、「土方さんみたいになるんじゃないですか?」と
2回くらい聞いたけど
副長はそのたびに笑いながら、「土方さんがいますからね~」って答えてましたよね。

そうそう、その質問をされた時、目をつぶりながら、考えてたんですよね。
それを見てたら、ほぼ日「土方歳三という人について」の
目をつぶってその時代に行って、そこで自分はどういうふうに
彼らを見るだろうかって思うんです

を思い出しました。
だから当然、新選組には、土方歳三がいて、自分は一隊士でって発想になるんでしょう。

黙々と仕事をする島田魁のようになりたい、というようなことも言ってましたよね。
土方さんについて函館まで行った島田の名前を出すっていうのは、
土方さんの傍にいたいって思ってるんだよな~って思って、ジンと来ました。
でも、「最後まで戦う」って、半ば強制的に言わされてたのは、可笑しかったです。

トークショーの途中で、山村さんから、サプライズ話も出ましたね。
なんと、NHK内で、単発ドラマではあるけど、続編実現に向けて動いているって!!

すごいすごいすごい!!!

というか、山村さん、確定でない話をあんな自信満々に話していいの?(笑)
副長も、そこ心配してましたよね。笑ってたけど。
でも、とにかく、続編は夢物語ではないってことですよ。
単発ドラマってどの程度の時間なのかしら~。
鴻之台からは無理にしても(そりゃそうだろうな~)、会津~箱館にはして欲しい。
箱館だけってのは、ちょっと違うと思うので。

副長は、続編でも土方の最期まで演じたいような、そうでないような・・
最後は、銃弾が飛んできて、手を上げて、「ワー」って言って終わりがいいって。
これは、恋おちの話が出た時にも、龍太の恋も終りが分からない方がいいって
言ってましたね。
(でも、たぶんまり子とは結ばれるんじゃないかと言ってました)
いつまでも、余韻を残したい人なのかしら。
その余韻に翻弄されているのが、私達副長専門ファンな訳なんですが(笑)

続編で土方を演じるなら、「新選組!」の最終回の時の想いを持った状態で演じたいと。
ブランクが空いてしまって、同じテンションまで持っていくのって大変だと思うけど
副長なら、そういったことも、ちゃんと乗り越えて行きそうですね。


どんな感じで、トークショー自体が終ったかは、覚えてないんだけど
トークショーの後、抽選会がありました。

抽選会になって、座ってたところから、ステージ前に出てきて、
観客が近いことに気づき、赤くなってる副長・・・

可愛過ぎるんですけど。

そおいや、トークショーの間も、何度も顔を赤らめておりまして
そのたびに、キャって思ってましたよ。
強気なようで、実は結構シャイなんですね・・(ぽわ~~ん)

抽選にあたると、副長というか、ミュージカル☆スターkojiの
サイン色紙を手渡しで貰えます。
当たった方、めちゃくちゃ、羨ましいです。
ミュージカル☆スターkojiは、パチンコがお好きだとかで、選んだ数字も
「777」とか、「111」とか。途中から、もういいから!って思っちゃいましたよ。

抽選に当たった方に、色紙を渡し、握手をしていたんですけど
女性だと片手なのに、男性だと両手でがっちり握手なんです。

でもでも~、パレードで桂小五郎役だった人に対しては
男性なのに、片手で握手だったんです(爆)

さすが、副長!!例え、桂小五郎になって半日であっても
容赦しねぇってとこですか(笑)

些細なところでも副長なところを見れて、嬉しかったですよ、ほんとに。


抽選会も終り、声援の中、副長は手をあげ、親指を立てながら、
ステージ袖に引っ込んでいきました。(また親指がなげぇーーんです。)
その様子は、ロックミュージシャンがライブを終えて、去っていく姿を彷彿とさせました。


あああーー終ってしまった・・・と思っているのもつかの間
パレード参加者が、ステージに上がって、写真撮影の準備を始めました。

あ、そうだった!副長はパレード参加者と写真撮影するんだった!と思って
待ってたら、副長と早くも再会(違)

ちゃんと顔の位置を直したりして、写真に収まる副長を見るのは、新鮮。
写真を撮る瞬間に、キリっと笑顔の副長になるところは、さすがでした。
通算で3回、写真撮影してましたね。

ようやく外に出て、どーせなら、出待ちもしよーかって感じだったんですけど
実行委員会の方が、「もう帰りました」ってよくあるアナウンスをしていたんで
たぶん帰ってないんだろうけど、ここで待っててもイタイファンだと思われる
(もう十分イタイけど)ということで帰りました。

そういえば、抽選券が、近藤さんの写真の絵葉書でしたよね~。
土方さんでなく、近藤さんってところが気になりました。
もう、土方さんはいるから、ってことですかね。
私は嬉しかったですけどね。
by pale_blue_331 | 2005-05-10 23:00 | 新選組!&新選組!!
<< 今日は 長かったようで、短かった1日i... >>