人気ブログランキング |
ふと思い出す、レミゼ。。。
もう、だいぶ抜けてきたんですけど
それでも、何かの拍子に

いま~こそ~~♪

とか

マリウス~ 分かる~ けれど~♪

とか、歌い出しちゃったりして。
急にレミ(というか、アンジョ)モードになっちゃうんだよね。

やっぱ、いいなーアンジョ。
アンジョモードになると、これ観てます。

アンジョ5人衆、あつーーーー!!

カメラの動きが不思議なとこも魅力(笑)







(例のように、アンジョ=東山アンジョ(笑))

語りたいことは、まだまだあるようで、無いようで(え)

や、
なんで、アンジョルラスは戦わずにもう死のうと思ったのか

とか

グランが、戻ろうとするアンジョを引きとめようとするのは
やっぱ、アンジョの死を予感してたからなのか

とか

考えさせられることは、たっくさんあるんだけど

今の自分が、“死”に対して語れるテンションでないんだな(笑)
じゃぁ、書くなよ!なんだけど。。。

これは、また名古屋公演を観た時に、何か思うことがあれば。
(結局、後回し(笑))

あ、忘れそうなんで、これは書いとく。

学生達が、政府軍に総攻撃された後
唯一生き残ったマリウスをバルジャンが助ける場面から
流れる曲っていうのが
「彼を帰して」と「エピローグ」の中の一節と同じ曲。

どちらも、バルジャンが神に願いを打ち明ける時の曲なの。

だから、その曲を聴くと神を連想するというか(私はね)

その曲がちょうど盛り上がった時に
バリケードの向こう側に落ちてったアンジョの死に様を
観客は確認することになるんだけど。

革命のシンボル、赤い旗の上で半逆さ釣りのようになって死んでる
アンジョが、なんとも神々しく見えるんだよーー。
(余談だけど、東山アンジョの死に様は、ほんとすごい。
身体が普通とは逆の向きに90度折れてます。)

その曲が流れるお陰で
アンジョルラスは(学生達も)神に見守られてた、というか
彼らの死は無駄じゃなかったって気持ちにさせられる。

アンジョが出てきた時に、拍手が起こるのはちょっと・・
ある意味見せ場なのは分かるけどね。

いつもは、ここでは泣かないんだけど
千秋楽は泣いたなー。
あー、死んじゃったーって思って・・
すごくキタ。

最後に出てくるアンジョは、いつも穏やかないい笑顔なんで
死を選んだことを後悔してないってことなのねと
いつも思います。
あの笑顔は、ほんと好きだわ。


アンジョのことは、このくらいにしといて。

他の役のこと。

レミゼって、バルジャンとジャベール以外は
他の役と掛け持ちじゃん。

アンジョルラスも、アンジョ以外に7役やってる。
囚人、労働者、見物人、失業者・労働者、治安官、裁判官、ウェイター。

もちろん、全部ちゃんと観てるよー。

アンジョが出てくるまで(開始から52分だったけ?)に
↑の6つに扮して出てくるから、
ぼけーっとしてらんないんすよ(笑)

囚人は、ニットキャップ(違)の隙間から
髪を出してて素敵~。

労働者は、最難関だな(笑)
今は、どんな扮装でどこにいるか分かってるから
その辺りをはじめから見るけど
最初探し出すのは、ほんと苦労した。

見物人は、座席の位置によって見える時と見えない時があるけど
唯一、髪を下してて(ほかは帽子・ヅラか結わえている)
かなり好きです。

失業者・労働者は、後ろで小芝居(失礼)してるとこが好き。
「一日の終わり」で、工場長が
昼は生娘、夜には娼婦かね~♪ って歌うときに
後ろで
ヒューーとか言ってるの(笑)
(結構、声は聞こえるんだよー)

治安官は、ファンティーヌがバルジャンに唾を吐きかけた時
咄嗟に詰め寄る時の表情が好き。

裁判官は・・誰か(言わないけど)に似てるな(笑)

囚人→労働者までは顔を汚してるんだけど
治安官→裁判官は、もうキレイになってて
アンジョルラスに備えてます(笑)


で、アンジョが死んだ後に、またウェイターで出てくるから。
そこは、ほんと注目!!

ウェイターは、白タイツがまずイイ(笑)
たまにテナルディエ婦人が投げた食べ物(だよね?)をモグモグ食べてたり。
(テナルディエ婦人に)スプーンやフォークを盗られたことに気付いたときの
小芝居(またまた失礼)も好き。

一番好きなのは、

テナルディエ婦人が投げたブーケを受け取ってからの舞!!

ウェイターなのに、あんなに踊っちゃうとこがいい。
しかも、踊った途端に、フェロモンが

グヮーーーーーーって出るのよ(笑)

特に、千秋楽は、踊り出すのが早かった(笑)
もしかしてこの役が一番好きでしょ?ってくらいイキイキしてる。

アンサンブルの方達も、ウェイターの舞にいつも反応してるし。

最後、もう一人のウェイターとハシャギながら捌けてくとこも
ほんとに好き~。

あ、他のアンジョの時は、どんな感じなんだろね?
ちょっと観てみたいかも。


カテコでは、いつも他のキャストの方々にいじられて
皆に愛されてるんだなーって。
結構張り切って、センターに立つ時もあったよね。
やっぱ、故郷大阪での公演だったからかな。

千秋楽のカテコで、瀬戸内テナ夫人に

かっこいい、かっこいいアンジョルラス (2回も言うたで)って

紹介された、東山アンジョ。

緊張しつつも、以外と普通に挨拶してたね。
もっと噛み噛みかと思ってたのにね(笑)
ご両親への感謝の気持ちを述べてましたわ。
千秋楽のカテコについては、ココに。
化粧濃いぃな(笑)
ご本人も「化粧濃くガンバロー」と言ってるしいいか。


とりあえず、これで一区切り。
来月は、他のことで頑張ります。

あ、でも、着々と、次やその次の準備も進めてまっせ。
どんだけ行くんかなーー(笑)
by pale_blue_331 | 2006-01-31 15:56 | 音楽・映画・演劇
<< あ、今日て・・・ 毎日かぁ・・ >>