リトルショップ・オブ・ホラーズ(11/3)を観て
昨日、初日公演後に囲み取材があるってことだったので
今日のWS張ったんですけどね~。
敢えて、みのさん外した私ってどーよ(笑)
んな訳で、ニュースバードが唯一観た映像です。

スポーツ紙も、あんまり載ってなかったねぇ。
スポニチだけが、耕史君の「どこを取っても楽しめる作品。」ってコメントを載せてた。
だけど、写真は無し。
写真があったのは、
スポーツ報知(白黒)、トーチュウ(カラー)、ニッカンスポーツ(カラー)。
でも耕史君のコメントは無し。
そんな中でも、ニッカンスポーツは「タカちゃんのそばにはコージくん」なんて
アホアホなタイトルを付けてたので、ちょっと許した(笑)

まともなのは、シアガだけかなー。
<23:20追記 >
シーモアとオードリーの写真、耕史君と多香子ちゃんのコメントが
アップされてますね。



昨日は、安室ちゃんやHiroや榊原郁恵さんが来てたみたいです。
お花もいっぱいありましたねー。
耕史君へのお花で気付いたのは
三谷さん、唐沢さん、照英さん、優香ちゃん、フジテレビドラマ制作部くらい。

リトショ初日、ほんとに良かったですよー。
作品自体が、ほんとに面白かったです。
曲も、CDで聴いてたけど、舞台で観てみて
あ、やっぱ好きだわーーって。
今日も、リトショCDばっか聴いてるもん。

IN MY HANDS」は?って?
ふふふーー(え)
こっちについては、またいつか。(いつだろ)







シーモアは、最初から最後まで冴えなかったです(笑)
この人って普段もこんなだったっけ?って思うくらい
ほんとに冴えないんですよ(笑)

ジェイミーを初めて観た時のように、
ズッキューーーン!!(え)とか
持ってかれたーーーー!!とか(何を)
そういうのは無いんだけど、物足りないって感覚は無かったですよ。

それはやっぱり、ただ単に冴えないっていうのとは違って
ちゃんと計算されてて、隙が無い感じだからかなー。
そこがやっぱり凄いところなんだと思う。

冴えない冴えない書いてるけど
シーモアにも可愛らしいところがあるわけで。
というより、その冴えないっぷりが逆に愛おしくなってくるのね(笑)

「GROW FOR ME」(邦題:頼むよ 育って)を歌う前に
小さいオードリーⅡに話し掛ける様子とか、ほんと可愛かった。

他には、
何の曲だか忘れたけど、後ろを向きながらお尻を振って踊るとこ。
あれ、可愛かったね~(誰に言ってんの?)

あとはねぇー・・・
思い出せない(えぇえーーー)

可愛いだけじゃなくって、他にもいろいろあって。

たぶん、「YA NEVER KNOW」(邦題:世の中分かんない)だったと思うんだけど
(違ったらほんとスミマセン)
オードリーⅡの植木鉢を抱えながら歌うところは
シーモア、というよりも、芸達者こーじが観れます。
あれ、結構凄いです。
バラすとつまんないので、自分の目で確かめてくださいね~。

あと、歯医者の場面は、いろんな意味でハラハラ、ドキドキします(笑)

巨大化していくオードリーⅡとシーモアの掛け合いですが
アッコさんの声だけ浮くってことはなくて、ちゃんとオードリーⅡが歌ってました。
(そう見えた)
それに応えるシーモアの、だんだんオカシクなっていく感じとか
本当に良かったですよ。

っつか、アッコさんの歌すごいなー。なんか説得力があった(何の)
あと、セリフの時もめちゃくちゃ声が低いときとかあったりして。
あの声、違和感無いんですよねー。

他のキャストについては

ガールズの皆さんの歌唱力も、ほんと凄いです。
あの方達がいるから、要所要所でちゃんと締まるんですよね。
スキッド・ロウに住むガールズの時は可愛らしい感じもいいし
(個人的には、CHIFFON(尾藤さん)の冷めた感じが好き~)
ストーリーテラーとして出てくる時は大人の女性なところもいいです。

そして
オードリーが、めちゃくちゃ可愛い!!
衣装もいっぱいあって、それがまた可愛い!!
最後の衣装ですら可愛い!!(笑)

多香子ちゃん、初舞台だって言うけど、いろいろと場数を踏んでる人だから
ちゃんと見せ方を知ってますよねー。
それに、いるだけで目立つんですよ。華があるというか。
歌は、ミュージカルの歌い方とは違うのかもしれないけど
セリフの声と歌声が一緒なので自然だし
あの歌い方が、あのオードリーには合ってると思うな~。

強いていえば、オードリーの生い立ちやらを考えると
もうちょっと、安っぽい感じがあってもいいのかもーって言う意見も出たけど(どこで?)
とにかく、多香子オードリーはとっても良いです。

今回は、シーモアのほかには、女性キャストが印象に残ってて。
小堺さんのムシュニクも憎めない感じだし、越中君のオリンはエキセントリックな感じだし
ボーイズ(って言っていいのか?)ももちろん良かったんですが、
あんまり細かくは憶えてないんで(ほんとスミマセン)
思い出したら、また書くことにします。

スペシャルカーテンコールは、耕史君が仕切って
多香子ちゃん、越中くん、小堺さん(もだよね?)がコメントしてました。
その後、KABA.ちゃんとアッコさんがそれぞれに呼ばれて登場。
アッコさんが出てきた時の、劇場内のどよめきは凄かったー。
アッコさんは金のドレスで、照明が当たるとミラーボールみたいだなーって。(けなしてません)
せっかくアッコさんが出てきたから、1曲歌うかと思ったら
皆で「リトルショップ・オブ・ホラーズ」を歌って終わりだったので、勿体なかったかも。
あ、カーテンコールの時、小堺さんが、根っこになった健ちゃんの両腕を結わえてました(笑)
って、スゲェ分かんない説明だねー。
アッコさんが、健ちゃん・QOMOさんを労ってたのも印象的でした。

鹿賀さんは、やっぱあれねーって感じです。
映画観たり、CD聴いたことある人は、何となく分かると思うけど。
鹿賀さんだなんて、すごい豪華ですよ。


あーーーーーーーーーーーー(何)

そういえば、シーモアとオードリーのチュー
かなり激しかったっす。
L5Yどころじゃない。シーモア本気だから(笑)

そんな感じです。
明日、また観に行きま~す。
[PR]
by pale_blue_331 | 2005-11-04 19:37 | 山本耕史:舞台
<< NHKサイトにも 副長とシーモア、ジェイミーも来た! >>