人気ブログランキング |
久々に本の話題
今日は本を2冊買いました。(一つは届いたんですけど)

秋山香乃著:新撰組捕物帖・・・源さんの事件簿
いろんなブロガーさんが面白いと書いていたので。
秋山さんの本は、「歳三往きてまた」しか読んでないんですけど
ちとスキンシップが過ぎるかなーと思いつつ、やたら泣いちゃったんですよ。
相馬が語る、近藤さんの処刑の場面は、今まで読んだ新選組小説の中で
(ってあんま読んでないですけど)
一番ちゃんと書かれてたと思うんですよねー。

もう一つは
杉村悦郎・杉村和紀編著:新選組 永倉新八のひ孫がつくった本
ちょっとしか読んでないんですけど
いろんな人が永倉や新選組の事語ってて面白いですね。
江原啓之の名前を見たときに、思わず
えぇえーーー!!!って言っちゃった(笑)
でも、ほほぅって感じでした。
近藤・永倉の決別の理由については、
本当にそうだったら、まだ近藤さんが救われるかなーと思ったり。

本の感想は、ほんと苦手なので、たぶん書かないと思います(笑)
by pale_blue_331 | 2005-10-27 20:38 | 新選組関連書籍・映画
<< 雑誌いろいろ(追記あり) TV誌いろいろ +ミタニンコラ... >>