人気ブログランキング |
大沢悠里のゆうゆうワイド(その4)
(その3)の続きです~。

うっかり、大仕事に手を出してしまったと、かなりドキドキしてます(笑)

で、この感じだと、今日中にも終らないです。ごめんなさい。
待ってくださる方、ちゃんと最後までやるので、気長に待ってて下さいねー。

今回は、「ひとつ屋根の下」のことなんか語ってますー。
優等生の耕ちゃんは、「やっつけ」とか、「車椅子でウィリー」なんてことは
言ってませんからーー(笑)

この分が終って、9:00~の世間ニュースまで終った感じになります。








大:モテるでしょ?
五:モテたでしょうねー
耕:いやいやいや!そ・・
大:(被せて)ラブレターとか貰ったでしょ?
耕:ラブレターですか!?(ビックリ気味)
    いや、僕、どっちかっていうと、そのー、例えば、バレンタインとかあるじゃなですか。
    それで、黙っててもいっぱい貰う人、
    僕はね、結構、それこそ20個とか貰ってたんですよ。

大:おーおーおーおー(驚)
耕:お兄ちゃんがいるんですけど、「お兄ちゃん、いくつもらったの?」って言うと
    お兄ちゃんは、1個だけな訳ですよ。

大:ほぅ
耕:でも、僕は考えてみると、その、バレンタインデーまでに
    ちょうだいねって皆に言ってるんですよ。(なぜか力説)

大:ははは・・・
五:あーーあーー・・・
耕:クラスの女の子達に、ちょうだいねちょうだいねって、
    ちゃんとホワイトデー返すから、みたいな感じで言ってる訳なんですよ。

五:うまいんだー
耕:(なぜか得意げ?)で、貰うんですけど、その、うちのお兄ちゃんがもらった
    1個に、すごく嫉妬したことがありましたね。(笑い気味)

五:へぇ~
耕:頼まないのに、ほんとにもらったんだなって思うと・・
大・五:うははは!
大:結構、根回しするんだな。
耕:本物なんだなって
大:本物なんだなってか。そうかそうか。

大:いじめなんて無かったの?
耕:僕らの時は全く無かったですね。で、特に、僕、お仕事してたせいもあるのかも
    しれないけど、まぁ、その、中学くらいになると、先程言われた不良グループ、
    それから、まぁ、普通の・・

大:大人しいグループ
耕:大人しいグループってあるじゃないですか。
    で、僕はね、そのー、何ていうんですか、先生に「お前、ちゃんと見とけよ」っていう風に
    言われてた生徒だったんですよ。
    「アイツ等が何かやろうとしたら、ちゃんとお前見とけよ」

大:(被せながら)大人しいんだなー(大誤解)
耕:だから、そのー、割とこう、今思えば、先生との信頼関係も・・
五:(被せて)そうでしょう。たぶん、一目・・不良グループも一目置いてたと思うのね。
大:そうだな
五:ちょっと、仕事も仕事だし
大:仕事もやってるし、普通なんか、ちょっと劇出たりすると
    「お前、生意気だ」って言われちゃうけどね。
耕:あー、そうかもしれないですねー。
大:それは無かったんだ。人柄かも分かんないな。
    両方うまく、仲良くやってた訳だよね。
耕:(力説)ほんとに、目立たない、目立たないっていうとあれなんですけども
    もの静かな方とかにも、すごいこう、しゃべりかけてて。
    一度、学校に来なくなった生徒さんがいたんですよ。
    でー、まぁ、ずっと来ないもんだから、先生が、ねぇ
    「誰か、何か言ってやれよ」って言った時に、僕が電話して
    でー、それ何回かやったら、なんか、来るようになりました。

大:偉いね!先生にとってはいい子だよね、とってもね。

大:じゃ、学芸会なんかも、いつも出てたでしょ?
耕:出てましたけど、あのー、やっぱり、ちょっと何か、主役では無かったですね。
五:勉強があれなんでしょ・・
大:そんなことないけど・・
五:勉強が出来る子が主役・・
耕:あ、そうなのかもしれないですね。
五:学校で私、悔しい思い随分したんだもん。
大:主役じゃない
耕:主役よりも・・主役をやりたいって感じじゃ無かったですけどね。(声ワントーン高め)
    なんか、主役は、そうですね、勉強が出来る方とかか、こうやって

大:ははははは・・・
五:そうなんですよー。ちょっと試験とか出来る子を、やっぱりね。
    そういう風に、勉強しなきゃいけないっていうのがあるんでしょうね。
大:でも、片や、もう外で働いてるもんね
耕:いえいえ・・僕は、村人でした。(笑い気味)
大:村人!(爆)
五:あははは・・
大:村人、その1、その2・・
耕:(被せながら)9でした。

大:そうか(笑)そりゃもう、今日、山本耕史っていう素晴らしいね
    俳優になっていくんですから。
耕:(小声で)いえいえ、とんでもない
五:(被せながら)そうですねー。これからが楽しみでしょうね。

大:この後も、皆さんも、まぁ、あのね、「新選組!」もあるし、
    でも「ひとつ屋根の下」っていうのは、やっぱり、テレビ出て
    ぱっと、自分自身こう、新しい境地を開いた感じするでしょ。
耕:あのー、何ていうんですか、あれに出て、やっぱりこう、
    例えば、街を歩いていて、「あっ!」て言われたりとか。
    こう、知らない人から知られてるっていうのが、すごくね、実感した・・

五:やっぱりね。若い方達が観る、あれだったんでしょ・・
耕:(被せて)そうでしょうね。
大:車椅子の少年でね。演じててねー、江口洋介さんとかね
耕:はい、そうです。
大:酒井法子さんとかね
耕:そうです。
大:宇梶さんは、そのパート2なんでしょ?
耕:そうです。宇梶さんが出てたのは、2回目の時です。

大:やっぱり、ああいう時、やっぱり思い出すなっていう
耕:そうです。割と特殊な役だったので、あのーすごく、まぁ、難しいって言えば難しい役で
    あのー、ものすごく車椅子は、あの、ほんとに、自分の足のように、こう・・

大:練習して
耕:練習して。というか、だからあのー、まぁ、何ていうんでしょうかねー。ドラマで、
    要は、ヒーロー・・スーパーヒーローみたいな役でも、もちろん無かったんですけど
    なんかすごく、自分にとって、こう、心から学ぶものは凄くあったので。
    そういう役をやったことも、今の自分に、なんかこう、きっと響いてるのは
    あるんじゃないかなと思いますけどね。

五:そうかもしれない
大:地味だけど、じっくり・・
耕:やっぱり、やらなきゃいけないことがある、というか
大:かなりシビアなお芝居ですもんね
耕:そうですね。
大:ドラマでしたからねー
耕:えぇ、えぇ。
大:そういう意味では、やったってこと、着実にいろんな仕事しながら
五:そうですねー。いろんな、幅広いですよね、ほんとに。

大:僕は、あの、「オケピ!」っていうのを見てね、三谷幸喜さんの。
耕:はい。
大:布施明さんなんかねー
耕:そうですねー・・(この後、何言ったか不明)
大:そんな話なんか、また、後ほどのコーナーで。
    そして、「新選組!」から、このねぇー・・
耕:リトルショップ・オブ・ホラーズ
大:そうです。入ってまいりますからね(笑)
    どうぞ、この後も聞いて下さい。
    今日は、山本耕史さんですよ。

(CMへ)

(その5)へ続く。
by pale_blue_331 | 2005-09-01 11:19 | 山本耕史:TV・ラジオ
<< ☆祝!リニューアル!!☆ 正式発表ですね! >>