人気ブログランキング |
「恋おち」最終回を振り返る
ここなちさんのトコで、知ったんですけど
香織ちゃんの日記によると、先日、恋おちの打ち上げがあったそう。
Crystal kayがシークレットライブをしたとか。
あのお方は、ぬかりなく、“俺の魂”を披露されたのでしょうか・・。

ってな話を枕に(え)、今更ながら、「恋おち」最終回を振り返ります。




もう、結構日にち経っちゃったからねー。
覚えてることと言ったら、

やっぱ、チュウ?だはは!!
教会での式だもん、あって当然だよねー。
でも、顔がだんだん近づいた時に、
思わず、(文字通り)固唾を飲んでしまった私って乙女?(きゃっ)

そおいや、島男もチュウしてたじゃん。
誰も話題にしてないけど。
私も、話題にしなくていいと思う(笑)

あとは、バスの中での高柳の落ち込みっぷり+島男の笑顔の対比は良かったな。
後半の高柳は、いろんな面を見せてたけど、あんな可愛らしく落ち込む人だったとは(笑)
島男の笑顔は、素と演技、ギリギリな感じで、そこがまたツヨポンらしいなと思いました。

あとはーー、

宮沢が、龍太の鰹パンチを喰らってたり。
あ、前に龍太が鰹パンチをした時は、かなり怒ってたんだけど(笑)
慎吾が、この前のパワスプで、「恋おち」のことを絶賛していて
マンガのような展開がいい!!みたいなことを言ってたんだよね。
以前も、マンガっぽい展開と感想を書かれているブログを読んだりしてたんだけど
改めて、マンガとして考えてみた場合、(考えなくてもいい)
ギャグマンガなら、鰹パンチとか、めちゃくちゃアリだなと(笑)
ちゃんとしたドラマとして考えた場合には、
魚思い(え)の龍太が、魚をそんな風に扱うなんて、絶対無しなんだけどね~。

・・・私、何、本気で考えてんだ?(笑)

そのほかにはーー

もつ九に駆け込んできた、龍太に吹っ飛ばされてる、神谷に乾杯!
でも、その後の抱擁には、グッと来たよ~。
番宣の時は、迫られすぎて、神谷も嫌がってたんだけどね(笑)

教会を出てきた時、「次はお前達の番だな?」と言った龍太は、キャラが違った。
結婚式の二次会で、龍太の挨拶が、ばっさり斬られてたのは、なぜ?

5年後(だったよね?)の皆の髪型が、ビミョーだった(笑)
意味なく、横わけになってた、宮沢とか。
島男も横わけぽかったよね。

鈴木ねじに現れた、安藤夫妻には、度肝を抜かれたよー、まじで。
それまでって、なんか、もうドラマも終っちゃう?的なおセンチな気分になってたのに
あのペアルック見て、腹抱えて笑ったら、清々しい気持ちになったもんな。
着てる二人も、邪念が無いというか、突き抜けてた(笑)
あのTシャツは、龍太(というか、こうずぃ)のアイデア?さすが(え)


番宣のことも、ほんのちょこっと。

もつ九で、皆で飲んでるシーン(予告にも入ってた)を撮った後
皆でモニターチェックしてる、と思われる映像が流れて、
モニターを真顔で見る耕史君の横顔アップが、数秒映ったんですけど、あれは、良かった。
試してることを、きちんと確認している感じがしました。
仕事してるところを、見せてもらった気分です。

あとは、宮沢が、鰹パンチを喰らったあと、本編では片目だけガーゼが貼られてるけど
メイキングでは、両目とも、包帯でぐるぐる巻き。その上にメガネで出てきて、爆笑!
宮沢もバカだねー。大好きになっちゃったよ。


なんだかんだ言いながらも、龍太がいたから見続けてるうちに
ヒルズ組も、好きになってた私。
ストーリーは雑でも、キャラについては、きちんと描かれていたと思います。

その中でも、やっぱ、龍太はすごいよ。
脇役だったはずが、自然に、物語の中心に入ってきてたし
出番は少なくても、毎回必ず、何かを残してくれてたし。

龍太には、もう会えないんだねぇ。
たぶん、30日の22時になった時に、ものすごーく寂しくなりそう・・しょぼん。
by pale_blue_331 | 2005-06-28 22:36 | 山本耕史:映画・ドラマ
<< 雑誌いろいろ 佐藤彦五郎日記(上下巻)7月1... >>