山崎丞「取調日記」(追記あり)
先日、入手しました、山崎丞「取調日記」(日野市ふるさと博物館発行)

d0040261_21135785.jpg
この冊子には、2004年11月13日~12月12日まで、
「日野市ふるさと博物館」で展示されていた、
山崎丞「取調日記」の解読が載っています。
(A4サイズ24ページ)

全ページの写真が掲載されていて(白紙以外)
その下に、解読文が載っています。
ここまで詳細なものが見れると思っていなかったので、
驚きました。




取調日記」は、慶応元(1865)年に書いたとされています。

実物は、縦7.6cm、横16.5cm。
私、博物館に見に行きましたけど、本当に小さかった。
この大きさだから、日々携帯していて、気がついた時に
いろいろと書き込んでいたんだろう、と思っていました。

ところどころ、乱れはありますが、
ほとんど、文字が整然と並んでいます。


日記は、大まかに4つの記事に分けられます。
京都、大阪近辺の探索に関係があると思われる記事
部隊調練の号令の記載
新選組の隊員名簿
幕府役人その他の人名名簿


隊員名簿(148名)は、やっぱり興味深い。
気になったのは、隊士達の並び順なんですが、
山崎自身の名前を幹部の次(12番目)に書いているところは意外です。

あと、新選組も調練をしていたという事は知ってはいても
どうしても、剣客集団というイメージなので
こういう風に、具体的に号令(しかも、かなりのページを割いている)が
書いてあると、彼等も剣だけに頼らずに、洋式調練を行っていたのか、と思い
感無量に・・・。
でも、解説に「(この号令が)実際に行われていたかは即断できない」と
書かれていていました。
勝手に、泣きそうになってましたよ(汗)

他にも、歌も何首か載っています。

まだまだ不勉強なので、この日記が書かれた時の世情などは、分からない事だらけですが
分かってくれば、もっともっと楽しめるんだと思います。

この冊子はなんと無料
郵送(切手代などは、自己負担)もしてくれます。
ちなみに、私は郵送で入手しました。

詳細は、日野市郷土資料館(日野市ふるさと博物館から、今年4月に名称が変更)
に、ご確認ください。
(恐らく、資料館でも無料配布していると思われますが、問い合わせた時に
すぐに郵送で話を進めてしまったので確実ではないです。)



史料の内容を公開してくださるだけでも、ありがたいのに
その上、無料配布で、郵送も受け付けてくれるとは、
日野市郷土資料館の方々には、感謝したいです。


▼▼6/12追記(18:25)▼▼
かよこさんから、情報を頂いたんですが、既に、在庫切れになってしまったとのことです。
問い合わせをされた方々、本当に、申し訳ございません。
今後の詳細については、かよこさんが記事にして下さっているので
そちらをご覧下さい。「山崎丞取調日記について
よろしくお願い致します。
[PR]
by pale_blue_331 | 2005-06-11 21:54 | 新選組関連書籍・映画
<< おおーーすげぇーーー!!(また... 「ぐっさん家」で癒される >>