レミゼな日日、再び。(4)
世間の流れ(どこの)に逆らって
独り、まだまだレミゼの余韻にどっぷりですわ。

今回は

意味も無く引っ張り続けてきた
アンジョルラスとグランテールの話を。

というか、他の事を語りすぎて
辿り着かなかっただけなんだけど(笑)

あ、ここで言うアンジョルラスは、東山アンジョ
グランテールは、伊藤グランのことです。


ちなみに、前に書いた、これこれ、タイトルを若干変えました。








なんで、二人の関係が気になり始めたかというと

「最後の戦い」で
バリケード中腹で撃たれたマリウスを見たアンジョルラスは
マリウスの元に駆け寄るんだけど(またバリケードを降りるのが早い早い)
アンジョルラスはマリウスが死んだと思ってて。
一瞬だけもの凄く悲しんだ後に(横たわるマリウスに覆い被さってた)
ふと立ち上がって、またバリケード一番上に翔け戻ろうとするのね。

その時に

グランテールが、何か予感がしたのか、戻るなって感じで
引き止めようとするの。

でも、アンジョルラスは、グランの手を軽く振り払ってから
強く握るのよ。

しかも、その時、もの凄いいい笑顔なんだわ・・

で、グランテールが衝撃を受けてる(ように見えた)間に
バリケードを翔け登っていって。
バリケードの一番上に戻ったアンジョルラスはもう、武器は使わず
革命のシンボルの赤い旗を振り続け、敵の銃弾に倒れるの・・


最初に、最期の笑顔を観た時は、私もかなりの衝撃で。

あんな笑顔向けられたら、向けられた方はどんな気分だろ?って思ったんだよね。

それで、よく考えたら

アンジョルラスが撃たれて、バリケードの向こうに落ちていった後
気がつきゃいつも、グランテールがバリケード一番上にいるの。
そして、彼も同じように武器は使わず、酒瓶を振り回して(ここがグランらしい)
敵の銃弾に倒れるわけ。(マリウス以外の学生達は全滅する)

あぁ、そっかって。

グランテールは、アンジョルラスの後に続いてたんだよね。
最期にあんな笑顔向けられたら、やっぱ、自分だけ残るって出来ないよな・・


そもそも、グランテールって謎な人物なんです。私にとって。
なんで、いっつも酒瓶を持ってるの?とか。
原作にその辺り出てるのかな。
読んでないから分かんないんだけど。

アンジョルラスに、名前を呼ばれるときも

グランデール 酒を置け!

だからね(笑)

それに、アンジョルラスが後ろの方で皆に指示を出してる時も
グランテールに対しては、酒飲むな!って感じなの(笑)

学生達がバリケードの持ち場についてるときも
彼は下にいることが多かったような気が。
だから、戦い自体には、そんなに参加してないと思うの。
(違ったらスミマセン)

そんな彼が、バリケードの一番上まで行くってのは
余程のことがあったわけで。

その場面は、いつもアンジョルラスばっか観てたんで(他もだけど(笑))
1回、超頑張って、笑顔を向けられた後のグランテールがどうしてるのか
見てみたのね。
(アンジョとグランを交互にチラ見するのは至難の業だよ(笑))

そしたら

グランデールは、茫然としたまま、マリウスを見つめてた。
アンジョルラスの方は、もう見てないの。
たぶんアンジョルラスが死のうとしてるって分かってるから。

しばし茫然とした後に
ふと我に返ったようなグランテールは、酒瓶を握りなおして
アンジョルラスが翔け登った同じ道を進んで行ったんだよ・・

その時は、グランに泣いたーー。



そんなこんなで、グランテールがどんどん気になってきたら
結構、アンジョルラスとグランテールって絡んでたことに気付いて。

「その夜(共に飲もう)」で
フイイ(清野さん)とかが

過ぎた~ 日に~ かんぱ~い♪ って歌ってる時は

振り返りつつも、バリケード一番上を離れないアンジョルラスなんだけど

グランが

過ぎた~ 日に~ かんぱ~い
死も お~それ~ぬか~~
世界は 忘れ~な~いか?
死など 無駄~じゃ~ ない~のか?
偽り~じゃ な~いか~~?♪ と歌ってる時に(この歌詞、ほんと好き)

アンジョルラスは下に降りてくるんだよね。
そして、グランテール(は地べたに座ってる)の前に立って
じっと見るの。
グランデールも、アンジョルラスをじっと見返して
自分が持ってた酒瓶(ブランデー)を差し出すんだけど
それはスルーで、
隣にいたレーグル(上條さん)が差し出したワインを
グイっと飲み、(でも視線はグランを方を向いたまま)
また見張りに戻っていくのね。

たぶん
アンジョルラスは、アル中(笑)グランテールがそこまで考えてるとは
予想してなかったんじゃないかな。
だから、グランテールの本音を聞いて思わず降りてきたんじゃないかと。

お互い無言だったけど、ここで心を通わせたと思うんだよね。
でも、アンジョはグランの酒は飲まないんだなーー。

なんでだーー??

やっぱ、まだお前のことは認めないって思ってるのか。
それとも、単にブランデー嫌いなのか(大違)

ここは、結構気になるとこ。
誰か教えて下さい。
本人可(笑)


それが
「カフェ・ソング」では

新し~い せ~かいを~ まぶた~に え~がいて~
声も たか~らかに~ 唄った~ 歌の誓~い~♪ の辺りで

バリケードで亡くなった友達が1列に並んで出てくるんだけど
そのセンター、向かって右がアンジョルラス、左がグランテールなの。
グランがアンジョの肩に肘を置いて
二人とも優しい眼差しで、マリウスの背中を見てるわけ。

で、戻って行く時に、二人で軽く微笑み合って、暗がりに消えて行くのよ。

これは、やっぱり、戦いを経て二人が理解し合ったってことなのかしら。
リーダーとダメな子(え)って間柄じゃなくて
親友って感じだもん。
それとも、元々は親友だったとか。


ちょっと余談だけど
エポニーヌの異変に、マリウス以外で一番最初に気付く人は
グランテールなんですよーー。

そんだけ。


「アンジョとグランの関係」なんて、大きく出たけど
結局は、何か答えがあるわけでもなく
グダグダな感じになっちゃったなー。

でも、あの二人は、かなり気になる。
今後見るときも、注目したいと思ってます。


こんだけ書いても、まだまだ続きがあるーー。
だって、千秋楽のこと途中だし
アンジョルラス以外の役(囚人とか給仕とか)のことも
カテコのことも書いてないからな。

まだ、この熱さに付き合ってもいいって方
もうちょっとお待ちください。
[PR]
by pale_blue_331 | 2006-01-20 15:17 | 音楽・映画・演劇
<< 「新選組!! 土方歳三最期の一... あら >>