TVnaviとナレーション番組
TVnavi、ようやく読みました。
上原多香子ちゃんは、連載始まって2人目の女性ゲスト。
初回ゲストの優香ちゃんは、「組!」ですでに仲良くなってたけど
多香子ちゃんは、まだ、そこまで打ち解けてない感じで
読んでて、なんか新鮮でしたね。
だって、“上原さん”って呼んでるんだもん(笑)

心理テストやったり、面白トークしたり。
耕史君の質問や受け答えを読んでて、合コンでよくある会話っぽいなって。
(話の中身は、そりゃ違うけど)
かわいい子がゲストで(ほんとに「かわいい」って連発してるし)
浮き足立ってるのが良く分かる。
正直で面白いなーー。

頑張って、砕いていってください。
今は、“上原さん”だけど
“多香子ちゃん”→“多香子”になる日も近い?? ぷぷ。

衣装は、秋の装いですな。
ジャケット似合うね。
シャツの襟の感じも好きかも。

来月のnaviは、「組!!」情報があるんだね。嬉しい♪
で、topicsの文章読んで、
naviの記者さんは、ほんとに「組!」が好きなのねーって。
っつか、耕史ファンっすか?(笑)
とにかく、navi様、ほんとありがとうございます。


ナレーション番組の方は・・
タツキ ~泣き虫ボクサーの奇跡~
良い番組でしたよ。

耕史君がナレーションをする番組って全部良いんだけど
この番組は、その中でも良かったなーって。
気がつきゃ、ナレーションとか関係なくのめり込んで見てました。
何度も泣けたし。

この番組はドキュメンタリーなんだけど、他の番組と違って
ナレーションが1人称なんですよ。
「僕は~・・」って語り口。
それに、タツキを支える女性に対しては、
佐藤仁美さんがナレーションを担当されていて
「私は~・・」って、女性の立場からも話が展開されるんです。
だから、二人に結構感情移入しちゃって、
ドラマを見てるような感じでした。
スローモーションとか、音楽とかを多用してたし。
最後が、ちょっと物足りない感じもしたけど
耕史君がナレーションをしてなければ
自ら進んで観る番組じゃなかったと思うんで
ナレーションやってくれて良かったなって思った。
それくらい良い番組でした。

で、ナレーションなんですけど・・・
今回は、音が大きくて、ナレーションが小さく聞こえるときとかあったのが
ものすごく残念・・。
でも、そう感じた所は、2,3箇所だったので
それ以外は、良かったですよ。
落ち着いてるけど、登場人物に対しての愛を感じるナレーション
ほんと好きです。

ナレーション番組観るたびに思うんだけど
定期的にナレーションの仕事、やって欲しいです。
[PR]
by pale_blue_331 | 2005-09-28 14:44 | 山本耕史
<< 9/22の史跡めぐり リトショ公式blogが出来てた >>