吉弥さんの落語見てきました@大銀座落語祭
↓で宣言してた通り、大銀座落語祭を観に、銀座ガスホールに行ってきましたよーー。
(祥さん、本当にありがとうございます。)
吉弥さんは、特別企画Fの第2部「東西夢の若手会」で、最初に出てきました。
あの方達が、若手なんだーって思ったのは、置いといて(笑)

その前に・・

やっぱりねー、今日来てたお客さんは、落語好きな訳ですよ。
なんか、通な感じ、というか、笑い方が違うんですよねー。

で、名称を知らないんですけど、演目をやる方の名前が書いてあって、次誰がやるのか
知らせるじゃないですか。それが捲られて、吉弥さんの名前が見えたときに
後ろにいた方が、
「吉弥か・・」って(期待してるように)言ってて、
この感じ、なんかスゲェよ!やっぱ、いつもと違げぇよ!(誰)って
意味もなく、ドキドキしちゃった(笑)

独演会だと、「新選組!」話もするけど、いくら何でも、今日は、その話は無いだろう・・・
勝手に思い込んでましたよ、勝手に。





それがさ、吉弥さん、初っ端から

シアターカイって言ったよーー・・

うわぁーーーーーーーーーーん(泣)

今日は、シアターカイに、山本耕史君の芝居を見に行ったって。
カイで、吉弥さんですか?とか、山崎さんですか?って声掛けられたって。
この話に、食いついてる人は、少なそうだったけど、それでもいいの(泣)

なんで観に行ったかというと、「新選組!」で一緒だったからーって言って

「新選組!」話も出ーーたーーのーーー(泣)

今日観に来てた人は、組!を知らないかもしれないということで
自分がどのシーンで出たのかを説明。
それが、第33話「友の死」の、山南、明里の最後の別れのシーン。
山南さんのこと説明するのに、声が高いとか言って
「沖田君、ここだ!」ってモノマネしてたよ(笑)
しかも、これが、結構ウケてた。恐るべし、山南さん(違)

で、明里を親元に返すように、ついていく男が自分だと。

レンタルビデオで観てくれーっていうようなことを言ってました・・・

もう、これだけで、お腹いっぱい(え)

そこから、南座に勘三郎の歌舞伎を観に行った話に移って
(ちょっと舞い上がってて、この辺りは何を言ってたか覚えてない・・はは。)

今日の演目「七段目」に入っていきました。(話の内容は自分で調べてねー)

この話は、歌舞伎鑑賞に入れ込んでる若旦那と、丁稚の定吉が、
大店の二階で、歌舞伎の「忠臣蔵」平右衛門とお軽を演じるというものなので、
(他のバージョンもあるみたいですね)
セリフも歌舞伎口調(しかも、男と女)だし、見得を切ったりするし。
落語なのに、歌舞伎、だけど、落語っていう。
でもね、全然違和感がないんだなー。凄く自然。

しかも、その歌舞伎ごっこの最中に、一階に居る大旦那が、何度も出てくるんだけど
その、演じ分けるタイミングが絶妙なんですよね。
大旦那は一階にいて、上の階がバタバタ騒がしいのを聞いてる、
てのが、良く分かるんですよ。

この演目は、前にも観たことがあって、そのときも、スゲェーって思ったけど

やっぱ、スゲェーーよ!きっちゃん!!(馴れ馴れしい)

途中で、拍手が湧き起こってましたもんねー。

いやぁ、ほんとに、チケット取れてよかったーーって思いました。



今日は、第一部から、第ニ部まで、吉弥さんも入れて、7人出てきたけど
それぞれ、タイプが違って、面白かったなー。
5時半から、9時15分くらいまで、(途中休憩が合計15分あったけど)あっというま。

東京の落語家さんの落語をちゃんと聴くのは、初めてで
やっぱ、上方落語とは、印象が違いますね。
「するってぇと」とか、「まっつぐ」とか、普通に言ってた(爆)
職人とかだと、なんか、ちょっとワルい感じなんですよ(笑)
そこが、なかなか良かったです。

吉弥さんの他に、スゲェって思ったのは(全員凄いんだけど)
柳家喜多八さん。ありゃ、やばい。ほんとに。
落語家なのに、声ちっさいし(わざと)、後ろ向きなことばっか言ってたのに
いざ、噺「三味線栗毛」に入ると、すごいの。武士なの(え)

声が低音で、すっごいカッコいいんですよ。
なんか、イメージしたのは、ハードボイルドなんだけどー。

しかも、噺がとても良くて、泣きそうになっちゃったし。
泣きそうになってる自分にビックリしたーー。


一応ね、監察結果も。
客席は、見渡してみましたけど・・たぶんいなかったと思う。
って、実は、振り返るたびに、後ろの人と目が合っちゃってたんで、
あんまし振り返れなかった(汗)
2階席もあったんで、そっちはどうだったかは、分からないです。

今頃は、銀座で飲み会でしょうかねー。
[PR]
by pale_blue_331 | 2005-07-19 00:41 | 組!出演者たち
<< またも、名言が出ちゃった L5Y7/16昼、7/17昼公... >>